証明用電気計器(子メーター)の検定について

〒106-0044 東京都港区東麻布2-29-8 協電ビル7階

証明用電気計器 親メーター子メーターの見分け方

下記の内容で分らない場合は03-3583-2444までお問合せ下さい。

電力会社の所有物として取引に用いられる電力量計には、銘板の右下に「電」の表示がある(通称「子メーター」と呼ばれる管理用計器には表示はない)。また設置後、電力量計もしくは計器箱に電力会社による封印が取り付けられる。

子メーターは、大家等(施設の設置者)から店子・自販機設置者等への料金再請求に使用される場合は「証明用」の計量器となり、所有者(通常は施設の設置者)に計量法上の検定受検義務が生じる(通常は修理・取替業者への依頼という形になる)。検定期限を超過して使用している場合や不正改造については、所有者が計量行政機関(都道府県計量特定市)による取締り(立入検査、勧告等。悪質と認められる場合は告発等)の対象となる。

電力量計の設置にあたっては、電力量の値が読み取りやすいよう配慮される。具体的には床上高さ1メートル以上、2メートル以下がよいとされる。電力量計は精密機械であるため、寒暖差、振動、塵埃飛散の激しい箇所への配置は避けた方がよい。誘導円盤形計器では、傾きがあると円盤を支える軸受部分での摩擦抵抗が大きくなって回転を鈍らせ、実際の値よりも少なめに表示されてしまうため、取り付け角度も重要となる。


※wikipediaから抜粋
バナー
バナー

Menu

Infomation

お知らせ

画像
太陽光発電ソーラーパネル・LED証明・蓄電池・地中熱・販売と施工を行っております。
画像
証明用電気計器(子メーター)の検定について詳しくはこちらをご覧ください。
画像
電気メーターの検定及び計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。